uehatsu (2010年4月10日 23:26)
普通のゲストOSとしてスムーズにCentOS5.4を入れられたものの、ネットワークアダプタなどを認識してくれない。こりゃドライバが必要なんだろうなと検索してみたらビンゴ。

今回は以下のサイトを参考にさせて頂きました。

CentOS 5.3 に Linux 統合サービス for Hyper-V をインストールする

1. Linux 統合サービスをダウンロードする

 以下のページからダウンロードができます。

 Linux Integration Components for Windows Server 2008 Hyper-V R2

ファイル名は Linux_IC_v2.EXE です。

2. Linux_IC_v2.EXE を展開し、CD-Rに焼く

Windows 7でファイルをダブルクリックすると「Linux_IC_v2.EXEは有効なWin32アプリケーションではありません。」と出てしまいます。Win7に対応している事をうたっているALZipで展開を試みましたが「未知の書庫です。」とエラーに。
それならと Windows Web Server 2008 R2 でダブルクリックしたら簡単に展開出来、"LinuxIC v2.iso"というファイルが出来たので、是をCD-Rに焼きます。

3. 必要なファイルを、CentOS5.4 DVDからインストールする。

# mount /dev/cdrom /media
# cd /media/CentOS_5.4_Final/CentOS/
# rpm -Uvh gcc-4.1.2-46.el5.i386.rpm \
          glibc-devel-2.5-42.i386.rpm \
          glibc-headers-2.5-42.i386.rpm \
          libgomp-4.4.0-6.el5.i386.rpm \
          kernel-devel-2.6.8-164.el5.i686.rpm \
          kernel-headers-2.6.18-164.el5.i386.rpm

4. CD-Rからファイルをコピーする

# mkdir /usr/local/src/LinuxICv2/
# cp -rf /media/CDROM/* /usr/local/src/LinuxICv2/

5. setup.pl の実行

# cd /usr/local/src/LinuxICv2/
# ./setup.pl drivers

Checking if required components are installed...done.
Updating Linux integration components (vmbus, enlightened ide, enlightened scsi and network drivers) for Hyper-V...
Building vmbus driver...done.
Building blkvsc driver...done.
Building storvsc driver...done.
Building netvsc driver...done.
Installing vmbus driver...done.
Installing blkvsc driver...done.
Installing storvsc driver...done.
Installing netvsc driver...done.
Updating module dependencies. This may take a while...done.
Installing various udev rules and scripts...done.
Updating initrd image...
        Backing up /boot/initrd-2.6.18-164.el5.img to /boot/initrd-2.6.18-164.el5.img.backup1
        Done. Updated /boot/initrd-2.6.18-164.el5.img
Updating grub conf file...
        Done.
Installing vmbus startup script...
Checking for new synthetic nics...
*** The drivers have been updated successfully. You will need reboot.***
6. reboot

# shutdown -r now

7. yumの設定変更

kernelを自動アップデートしない様に変更

# vi /etc/yum.conf

exclude = kernel-*     <追加

8. アップデート

# yum -y update

9. reboot

# shutdown -r now

uehatsu (2009年11月 6日 18:16)
iDCからCPANモジュール等ダウンロードしたいのにポートが埋まっててできない。

そんなときは".bashrc"に"export FTP_PASSIVE=1"を追加して、"source ~/.bashrc"でOK
uehatsu (2009年11月 2日 16:24)

そういえばやっていなかった事に気づいて備忘録代わりにエントリー


  1. ISOファイル化したいCDかDVDをドライブに入る
  2. "yum install cdrecord" すると、"readcd"コマンドが一緒に入ってくる
  3. readcd dev=/dev/cdrom f=filename.iso
これで実行したディレクトリに"filename.iso"という名前のISOファイルが作成されます

環境によっては"/dev/cdrom"がCD or DVD ドライブではないかもしれません。その場合は適宜読み替えて下さい。

uehatsu (2009年4月21日 14:22)

MS SQL Serverを以前インストールしていて、削除したんだけどゴミが残ってしまいサービスからも、インストール済みファイルの中にも残ったまま。
いつもやっている

・エクスプローラからのファイルの削除
・レジスターの削除

でも、新しくインストールしたSQL Serverが正しく起動しないからインストーラがこける

サービス画面で「自動」や「起動」にしてもダメ、、、

で、ぐぐると登録されているサービスの情報を表示したり、削除できるツールを発見。その名も「sc.exe」

で、やってみた。

情報を見る:
> sc query MSSQL$SQLEXPRESS

SERVICE_NAME: mssql$sqlexpress
(以下略)

サービスを削除する:
> sc delete MSSQL$SQLEXPRESS

「sc query (サービス名)」「sc delete (サービス名)」 このサービス名は管理ツールのサービスで表示されるサービスのプロパティで確認可能。サービス一覧の画面で対象サービスをダブルクリックするとプロパティが表示されます。

この他にもMS SQL Server関連のサービスがあったのでガリっと削除。再度インストールをするとうまくインストールが出来ました。いやぁ、大変大変w。

uehatsu (2009年1月31日 22:10)

今更ながらFlickr始めました。
まだまだ使いこなせてない感がたっぷりで、なんとなく左目と右目の間の外側あたりがこそばゆい感じ。

今更、Y!のアカウント取らないとだめだし、アップロード時に止まってしまう症状がWebでもアップロードツールでも起こってたり(これはNet環境によるものっぽい)
一番いやなのは、そこらへんのOpenソーシャルなWeb2.0的な物達に登録するたびに個人情報を取られ、登録するたびに友人を捜してインバイトするのが面倒。GmailのアカウントとIDを渡すと自動的に探してくれるってSNSがあったけど、すぐにGmailのアカウントを盗み取られるなんて事もあった。

そこでOpenIDを使いたいのに、本当に使いたいと思っているサービスは対応しておらず仮に後々対応したとしても、一旦アカウント消して改めてOpenIDで取ったアカウントに画像とか再アップロードとかしてらんないし。
起業がプッシュしているOpenIDの方法論は「顧客がOpenIDとは知らずにSSOできてる」&「囲い込み戦略」。うちら技術畑の人間にはわからない「顧客の安心感」というのも売りの一つ。(デパートの包装紙的な安心感と言ったら分かりやすいかな?
実際どのOpenID認証局を使うか迷った時は「有名起業が運用しているサービスだから」という理由で大手企業が自サービスで発行しているOpenIDアカウントを使う、なんて場面も増えそう。

でもそうすると、そのOpenIDアカウントの認証をするシステムが善人によってバグ一つなく運用されているか?という認証をする監査法人がまた必要になって、、、と堂々巡りになりそうなので、今日のところは思考停止しておきます(苦笑)

uehatsu (2009年1月 5日 03:28)

今までノウハウの無かったMySQLのチューニングに挑戦中。
まだ触り始めだけど、思ったよりもMySQL内部のキャッシュヒット率が高いみたい。

設定ファイルの見直しにはMySQLTunerを使いました。
負荷テストにはSuper Smackを使う予定です。

uehatsu (2008年12月28日 17:05)

そろそろ自宅サーバから、amazon EC2にブログその他を移動させようかと。
とりあえずDynDNSを導入して様子見。

DynDNSは定期的に情報を更新しに行かないと、アカウントを止められてしまうので、その事前通知が来た。
これはいけないと思い、早速自宅サーバとamazon EC2上にddclientをデーモンモードで設定。昔一度トライして設定ファイルの面倒さで放り投げてたんですけど、いつの間にかUpdate Client Configuratorなるページが出来ていて、対象サーバとDynDNS Client (ddclient or inadyn)を指定して"Generate"ボタンを押すだけでパスワード以外の設定を全て埋めた物を作ってくれます。
その設定ファイルを指定の場所におきしばし待つ。すると最終更新日が今日に変更されたので、うまく行ってそう。
もうしばらく様子見ー

uehatsu (2008年12月16日 17:12)

どんな感じなのかな?

uehatsu (2008年10月25日 19:04)

さて、ちゃんと動くでしょうか?

uehatsu (2008年10月 6日 20:50)

Blog It で同時投稿



http://ueno.typepad.com/


http://directx.tv/mt/ueno/


http://ueno.vox.com/

Who is uehatsu?

uehatsu

アーカイブ

タグクラウド

Facebook page