読書な日々 - DirectX.tv Doppelheit

| コメント(2)

今日は2冊を読破。

「フリーウェア作家になろう!」(関根元和、毎日コミュニケーションズ)
「負け犬エンジニアのつぶやき」(扇田夏実、技術評論社)

「フリーウェア~」の方は知り合いの書いた本なので前から読もうと思っていたのですが、本屋で見つけたので即買い。子難しいプログラムの話などではなくて、どうやったらフリーウェア作家になれるのか、リリース後のサポートの話、ユーザの心無い声、開発を中止する時には、など時系列的に多岐に渡って色々な事がフォローされてます。僕自身はフリーウェア作家ってカッコいいなと思っていても根が飽きっぽいので絶対にフォローができない為、絶対に向いていないと自己分析しているのですが、この本を読んでちょっと作ってみようかという気になってきました。昔は良く自分用や会社の人に頼まれてPerlスクリプトで簡単なユーティリティなどを作っていたのですが、その感覚でオープンに出来るものを作ればよいのだなと発見。早速簡単なところからちょこっとずつ進めてみようという気になりました。
良く自分で「時間が無いから」と口にしてますが、「時間は作るもの」なのでしょうな。

「負け犬~」の方は雑誌で存在を知っていて前から読みたかった本。奥さんも気になっているということだったので早速購入。最近流行の負け犬、そのエンジニア部門(?)の代表である作者さんがコラム形式でいろいろと語ってくれています。ここのところ色々なエンジニア独白エッセイが出版されていますが、人気のある分野なのでしょうか?それとも同じエンジニアが傷をなめあうための本なのか?(笑)
内容的には「そうそう」というものが多いのですが、ヘビーな内容もさらっと書かれているので軽く読めました。さすがにデスマーチ突入して結婚式当日に仕事してたなんて話は出てきませんが、この類の本にある「自分が新人の頃」「新人を教える立場になった時」「いやな上司」「認めて欲しい好きな上司」「てんぱった時」「そろそろ仕事をやめてもいいなと感じたとき」など一通りの内容がフォローされています。
帯にある「現役女性SE・プログラマには共感を、これから目指す人には現実を、そして女性エンジニアを部下、同僚、上司にもつ男性にはオノノキを、たくさん詰め込んだエッセイ集。」という文章はまんざら嘘でもありません。対象になっている人は、寝る前や電車の中など、ちょっとずつ読み進めても良し、僕のように一気に読んでしまっても良しです。
ただ、これ読んで行間にあるヘビーな部分を分からない人には「つらそうにしているだけで本当は御気楽」「女だから本当のデスマーチを知らないだけ」なんて風にとられてしまうかも。確かに知人の女性SEの方が確実にヘビーなんですが、まぁそこは人それぞれ、職場それぞれという事で。

二冊で3,380円。十分満足できる読書な休日でした。

 
カテゴリ

コメント(2)

わー。おおきにー。
読んでもらえるなんて、とってもうれしいですー。
…でも、最近時々電車で居眠りをしてしまう僕は、かなり駄目きちな感じです。(笑)

お、ご本人登場(笑)

自分の書いたものが本になって、それにレスポンスをもらえるってのはいいですよね。憧れです(^^)


Who is uehatsu?

uehatsu

アーカイブ

タグクラウド

Facebook page