Windows Mobile 5.0のテストアプリケーションを作ってみる - DirectX.tv Doppelheit

早速Windows Mobile 5.0の開発環境を構築しました。

インストールしたのは以下の3つ

  1. ActiveSync 4.1
  2. Windows Mobile 5.0 Pocket PC SDK.msi
  3. Windows Mobile 5.0 Emulator Images for Pocket PC - JPN.msi

こいつをインストールするとVisual Studio 2005にWindows Mobile 2005用のプロジェクトを作成する項目が追加されます。

  1. ファイル>新規作成>プロジェクト
  2. Visual Basic>スマートデバイス>Windows Mobile 5.0 Pocket PC>デバイスアプリケーション
  3. プロジェクト名を適当に決めて、OKボタンをクリック
  4. Form1.vbに適当にオブジェクトを配置(オブジェクトは左上のツールボックスタブから選択してドラッグアンドドロップする)
  5. ビルド>ソリューションのビルド
  6. デバッグ>デバッグ開始
  7. デバイスを適当に選択(ここではJPN Windows Mobile 5.0 Pocket PC Phone Emulatorを選択)
  8. 配置ボタンをクリック
  9. エミュレータが起動し、しばらく待つとデバッグモードで作ったアプリケーションが起動する
  10. デバッグ>デバッグの停止

こんな感じで「ボタンを配置しただけ」のアプリケーションが作れます。うーん、簡単。

この作成したアプリケーションは.Net Framework 2.0で作成されているので、単体でWindows XP上でも起動させることができます(起動させてもボタンがひとつあるだけですけど)

基本はVBなので簡単にいろいろできそうです。が、このエミュレータの挙動(というよりもWindows Mobile機の挙動)が良くわかっていないのと、エミュレータでネットワーク通信させる方法がわかっていないので調べる必要があります。単体で動くゲームとかは簡単に作れそう、数独でも作ってみるかな?

電話をかけるアプリケーションなど実機がないと動作検証ができないアプリの作成も考えているので、近い将来実機の導入が必須のようです。財布がさみしいので、とりあえず明日から発売のグリーンジャンボでも買ってみるか、、、

 
カテゴリ

Who is uehatsu?

uehatsu

アーカイブ

タグクラウド

Facebook page