頼むよ韓国(^^;)『FIFAに抗議だ!!「アイム・ザパニーズ」』 - DirectX.tv Doppelheit

| コメント(19)

頼むから、日本を巻き込まんでくれ、、、

サッカーWカップ、日韓はそろって予選リーグ敗退したわけです。それはいい。

「韓国は勝てたが、日本は一勝も出来なかった。それが韓日の差。」と韓国国内で言われている。組み合わせ次第って気もするけど、事実は事実。それはいい。

「日本のサポータはドイツでこんな悪口を言われています」と特集を韓国KBCが組んで笑っていた。どう考えても、前回のヒョンデ杯(別名FIFA2002ワールドカップ)で韓国サポータがやってたことそのままなんですけど、ドイツ人には韓国人も日本人も区別ついてないんじゃない?と思うけど。それはいい。

どう考えても誤審って思えるようなジャッジもあった。それはいい。

スイス韓国戦でのオフサイド疑惑。どう見ても韓国選手に当たっているからオフサイドじゃないとは思うけど、詳しくないから真偽は分からん。それはいい。

そのオフサイド疑惑、韓国有名人がこぞって批判している。「あの1点がなければ韓国に流れがあった、勝つことも出来た」と大合唱している。あの1点がなくても、1-0。つまりあと2点余計に入れなければ、韓国の決勝トーナメント進出はなかった、それって無理っぽくない?と思うけど、それはいい。

韓国国内で「FIFAに抗議メールを出そう!!」と盛り上がっている。それはいい。

韓国国内で「FIFAに抗議メールを出すと、韓国スイス戦を再戦してもらえる、その結果次第で今からでも決勝トーナメントに出してもらえる!!」とデマメールが出回っている。常識で考えれば、そんなことはありえないけど、それはいい。

そのデマメールに踊らされた韓国ネチズンが、FIFAホームページに対して「あれは誤審だ、再戦を要求する!!」と田代砲を発射。はっきり言ってネット民度低いけど、それはいい。

韓国からの田代砲にやられ、FIFAホームページがダウン。DoSアタックの怖さは身を持って知っているから、可愛そうにとはおもうが、自分の仕事先ではないので、それはいい。

FIFAホームページ、苦肉の策として韓国からのアクセスをすべて遮断。グッジョブFIFA、ここ数年で一番のグッジョブだよ、と思うけど、それはいい。

韓国ネチズン、アクセスを遮断されたから他の方法を考えた「そうだ、串を通せばいい。他の国のIPアドレスからアクセスすれば問題ない」、それもどうかと思うけど、まぁ考えそうな事だ、それはいい。

韓国ネチズン、よりによって日本のオープンプロキシを紹介して「ここ経由でFIFAのサイトにアクセスすれば、日本のIPアドレスになるから大丈夫」と紹介ページを立ち上げた。おい、ちょっと待て。そもそも、ネット民度低くて田代砲うちまくって、国ごとアク禁くらったのは自分たちのせいなのに、なんで日本のIPアドレス騙って田代砲撃ちますか?なんで、日本を巻き込むんですか?

頼むよ、韓国。フォースの韓国面に日本を引きずり込まないで下さい。ほんと、お願いだから。

マンガ嫌韓流マンガ嫌韓流
山野 車輪

晋遊舎 2005-07
売り上げランキング : 13
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
マンガ嫌韓流2マンガ嫌韓流2
山野 車輪

晋遊舎 2006-02-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
カテゴリ

コメント(19)

相変わらずタシロ砲が好きな国ですね。

すばらしい切れ味ですね。
久々に堪能させていただきました。
こんどのみましょー。

To: LIVESTRONGさん

まぁ、元々田代砲の起源は日本なので何ともいえませんが。はっ、ひょっとしたら田代砲の起源も朝鮮半島にっ?!(笑)
まぁ今時、日本で田代砲使っても「何いまさら田代砲、プギャ」って笑われるだけですが

To: yamatoさん

minamiさん誘って飲みましょう(^^)

「フォースの韓国面」は久々に笑激的でした。

爆笑させてもらった上に、会話のアイテムがひとつ増えました。ありがとう!(笑)

爆笑させてもらった上に、会話のアイテムがひとつ増えました。ありがとう!(笑)

(同列で考えることではない気はしますが...、)
この話を読んで、ここ最近の"YouTube"の話題を連想したのは自分だけ?

他国のサイトを利用して、著作権的に「真っ黒」から「かなりグレー」の範囲に入ることなのに、ネット上で「ここに載ってるよ」という記事を見ると、「う~ん...。」と思ってしまいます。

あたたた・・・。まあ残念だという気持ちはわかるけど、事実は事実、審判は審判ということで冷静に受け止めて欲しいと思われ。
フォースの韓国面は根が深そうっすね。助けてオビワン。

でも、内容が内容だから日本経由でやっても、どうやったかはバレバレなんですよね。

とりあえず、自国に有利な誤審には甘いというのはいただけませんな。
今回も4年前も。

知り合いの韓国人に、彼の周りはどんな感じだったのか、今度聞いてみようかな。

なんか、長文になってしまったorz

To: LIVESTRONGさん

フォースの韓国面、最近笑韓系サイトでよく使われています。ここのところ、お気に入りの言葉でいつ使おうかとタイミングを計ってました(笑)

To: 風吹さん

いやぁ、笑いを提供したつもりはなかったんですが(^^;)
笑えない内容も、なぜか笑えてしまう、斜め上国家。それが韓国、ウリナラクオリティ。そんな韓国との付き合い、priceless

To: wannyan さん

既に終わった事だからね。抗議するなら韓国サッカー協会がすれば良いのであって、一般人がサーバをダウンさせるまで抗議していいって事にはならないからね。
これは日本もやりかねない事だから、気をつけなきゃならないことなんだけどね。

To: yamaguchi-kaz さん

YouTubeはひどいですね。動画をアップする方も、見るほうも著作権侵害っていう事をほとんど気にせずやってる。YouTubeで発掘された過去のアニメが人気がでてDVDで再販されたり、画質の悪いYouTubeで全編見てからDVDを買いなおしたりするそうですが、それをもって「DVDの売り上げに貢献しているから、マーケ上問題ない」なんて言う人がいるけど、そもそもの著作権ビジネスとして成り立たなくなってしまってからでは遅いのに、と思います。
最近友人と話しているのは、YouTube上のアニメ全てを1話から3話までは載せるけどそれ以降は削除とか、全話載せてもいいけど1話10分までとか制限したらどうか、って話してます。それも著作者の許可を取って、「これ以降の話はバンダイチャンネルで」って広告入れるの。だめかな?

今回の誤審に甘くなってしまうのは、それで決勝トーナメント進出がかかっていたから、というのもあると思う。だから特にヒステリックになっても仕方ない。日本人もそういう所あるからね。けど、だからってFIFAのホームページをダウンさせても良いという免罪符にはなりっこないし、ましてや日本のIPを騙っていいわけない。
WBCの誤審問題のとき、正当な手段を使って「おかしい」と抗議した日本に対して、「既に決まった事に後でぐだぐだ言うのはスポーツマンらしくない」と評したのは、韓国野球協会のお偉方。今回は関係者ではなく、私刑に近い形で抗議がなされているけど、どう反応するのかな?
前回のワールドカップで韓国サポーターが行った「音攻」。韓国と対戦する相手の宿舎に試合前日に乗り込み、宿舎周辺で大音量で迷惑行為を行い、相手国選手を睡眠不足にさせて有利に事を運ぼうとしました。その効果があったことは確実と言われていますが、その音攻を今回のワールドカップでも行おうとメディアを上げて宣伝していました。幸いにも実際にドイツで音攻を行ったという話は聞こえてきませんでしたが、今回のワールドカップ前に取ったアンケートで「逆に韓国選手が音攻を受けたらどうするか?」という問の回答の大部分が「絶対に許さない」というものでした。自分がするのは問題ないけど、自分がされるのは許さない。自分が情報収集している限りでは、そんなお国柄がそこかしこで見えてきます。

> 知り合いの韓国人に、彼の周りはどんな感じだったのか、今度聞いてみようかな。

もしよければ、話した内容教えてください。
自分の周りに実際に会ってしゃべれる韓国の方が居ないので、「実際はどうなのよ?」というのが分からないんです。
最近そんな理由で良く覗いているのが日韓コミュニティサイト enjoy Korea。日韓翻訳機能つき掲示板で、難しい言い回しは翻訳されづらいけど、なんとなく韓国の人たちの言いたいことは分かります。でも、住人のほとんどが反日ネチズンだという話もあって、情報がどれくらい偏っているのか、チェック中。

あと最近分かってきたのは、韓国から出た事のある人で、韓国籍以外の人との交流のある人は、韓国国内に居る人に比べて「気づいてしまった」率が高いという事。日本なんかでも最近の教育の成果で自虐史観を持って生活している人が多いけど、2chなんかの影響で「気づいてしまった」人が増えてきました。その気づいた内容が正しいか、間違っているかは別として「今の教育おかしいんじゃない?」と思って口に出せるのが日本。「反日が刷り込まれてきたけど、実は韓国にも反省する点があるんじゃない?」と気づいてしまっても、自国内でそんなことを言おうものなら「売国奴」「親日家」「日帝の手先」と社会的に抹殺されるのが韓国。
マトリックスで「気づいてしまった」neoが、赤と青のピルを選択するシーンがあるけど、日本ではどちらを選択しても正常な日常が待っているけど、韓国では選択によって茨の道が待っている。本当にそうなら、やっぱり韓国っておかしいと思う。
で、気づいてしまった韓国の人は、活躍の場を海外に求め、自国で「おかしい!!」の声は上げない。そんなことをしても、何も変わらないことも気づいてしまっているから。

てな事を腹を割って韓国の人と話し合って見たいだけど、無理かなぁ?

> 「日本のサポータはドイツでこんな悪口を言われています」と特集を韓国KBCが組んで笑っていた。どう考えても、前回のヒョンデ杯(別名FIFA2002 ワールドカップ)で韓国サポータがやってたことそのままなんですけど、ドイツ人には韓国人も日本人も区別ついてないんじゃない?と思うけど。それはいい。

これソースを探したんだけど見つからず。その後、ネタ元に「これはネタ」と情報あり。やばい、釣られたorz

昨日書いたことに、勘違いされそうな部分があると思ったので、また寄らせてもらいました。

ちょうど補足しようと思っていた「見るほうも著作権侵害」かどうかなんですが、「見る」ということは、普通に自分のPCとかで見る分には、少なくとも「著作権侵害」にはならないはずです。
(「見る」の態様次第では怪しい場合はあるのですが...。あと、他の法律の適用はわかりません。)

著作権は、わかりにくいんですよねぇ。
いろいろな人が権利者になりうるし、細かい権利もいろいろあるし、例外規定もあったりするんで。
さらに、ネットのように国を跨ぐ状況だと、どこの法律で判断するかが難しい。

自分としては、その行為自体が著作権法上は問題がなくても、「ここにこの人のPV載ってるよ~」、「わぁ~、ありがとう!」なんて文書が罪悪感なく飛び交うことがよろしくないと思うんです。
MTVとかのロゴが入ってるような映像が適法にYouTubeにアップされるとは考えづらいですから。

それで、韓国の現場ですが、機会はあるので、そのときに知り合いに聞いて見ます。
でも、彼は「気づいてしまった人」に該当すると思うので、いわゆる「普通の韓国人」の意見とは違う答えになりそうな気がします。

長文、失礼しました。

To: yamaguchi-kazさん

YouTubeの件、自分でも調べてみましたが素人解説を見ると「動画をアップするのは違法」「動画を公開するのは違法」「ダウンロードして見るだけなら違法じゃない」という事みたいですね。
じゃぁ、YouTubeへのリンク貼ったり、YouTubeのムービータグ貼ったりすると違法なのかどうか?ってのまでは分かりませんでした。
再生する権利を持たないユーザが、ムービーを再生しても違法にならないってのは、なんとなく感覚が沸きません。以前からJASRACがらみで調べた事もありますが、やっぱりネットでのコンテンツ流通に関係する著作権は難しいですね。
著作権の専門家の人のページがどこかにあったんだけど、ブックマークしてなかった。どこだったけな、、、

昔のP2Pで映画や音楽をダウンロードしまくってた人たちはアングラ=違法って雰囲気を感じながらやっていた気がするけど、最近はそこらへんの垣根まで低くなってますから、最終的にユーザーが自分の首を絞めてしまわなければいいなって思います。

YouTubeも一部では企業からお金を貰って、ちゃんと著作権をクリアしたものを流しているみたいですね。まだ実験段階みたいですけど。そういった方向でYouTube Movie Storeができればいいのにって思います。

韓国との方との会話、今度聞かせてください。楽しみにしてます(^^)

しつこいですけど、フォースの韓国面にアナキンを誘惑するダース・シディアスを連想して再度笑ってしまいました。

書こうかと思いつつ、はしおった部分なので、ついでに補足。

でも、ここから先は、あまり自信がない話なので、正確ではない部分(特に条文の文言解釈)があるかも知れません。あしからず。

>じゃぁ、YouTubeへのリンク貼ったり、YouTubeのムービータグ貼ったりすると違法なのかどうか?ってのまでは分かりませんでした。

あくまでも著作権法上では、という話ですが...、

まず、「リンク」は一般的には問題にならないはずです。
ものの本にも「リンクを張る」は著作権とは関係しないと書いてありました。

URLのみのリンクに限れば、リンクそのものが法上の「著作物(2条1号、10条)」に該当するとは考えづらいからだと思います。
題号も通常は著作物と考えられていないので、住所の表記のようなリンクが著作物に該当しないはずといえば分りやすいでしょうか。
ただ、よっぽど凝っていて「創作的に表現」されたURLとかだと、微妙な場合があるのかもしれませんね。

つぎに、「ムービータグ」ですが、これは微妙かもしれません。
法上の「引用(32条)」に該当すると判断されれば、利用できるからです。
使い方次第かも知れないですね。
参照した本でも、該当する内容を見つけられませんでした。

ただし、いずれの例も、サイトの利用規定などで明示的に禁止する条項がある場合には、事情が変わってくると思います。
ただ、そうなると著作権法とは別の話になってくるはずです。

ちなみに、参照した本は「実務者のための著作権ハンドブック(著作権情報センター)」と「弁理士試験BASIC 著作権法(東京リーガルマインド)」という本です。

(えっ?こんなこと書くなら、特許・実案、意匠、商標をやれって?まぁ、違う法域で頭の体操ってことで。)

またもや長文で失礼しました。

To: LIVESTRONGさん

ちなみにフォースの韓国面に引き込まれたアナキンは、ダースベーダーになりますが、「シューホー」という息の音が「ニーダー」に変わるそうです(苦笑)

To: yamaguchi-kazさん

解説ありがとう。これ聞いて改めて思ったのは「著作権、訴えられなきゃ、大丈夫」って事。ネット上での著作権データのやり取りについて、まだ法整備が進んでいないと聞いていたけど、著作権者にも、ユーザーにもありがたい法律になってくれたらいいなと思ったり。でも、JASRACだけが儲かる予感(笑)

試験もうすぐだね、がんばって!!(^^)v

>試験もうすぐだね、がんばって!!(^^)v

ありがとう。
実力があってもなくても、結局のところ、試験は一発勝負。思い切ってやろうと思います。

>「著作権、訴えられなきゃ、大丈夫」

確かに、訴えるにしても「費用vs効果」の問題がつきまとうので、現実はそうかも知れませんね。
でも、著作権の問題は、めぐり巡って、窮屈な現実(例えば、使いづらいコピープロテクト、高い正規品)という形で、自分の首を絞めることにもなりかねないので、その辺の自覚は必要かなと思ってます。

あと、度を過ぎたことをすると、「Winny」の件みたいに「著作権法違反幇助」という「大技」を使われる可能性もあるので、一応は注意が必要かと。

ところで、こんな本が出るんですね。

「2ちゃんねるで学ぶ著作権」
http://www.ascii.co.jp/books/books/detail/4-7561-4770-4.shtml

問題点を身近に感じてもらうためには、こういった本が出てくるのは良いことかもしれませんね。

>アングラ=違法って雰囲気を感じながらやっていた気がするけど、最近はそこらへんの垣根まで低く..
堂々とblogに違法動画のリンクを貼ってたり、番組毎・各話毎にリンクを貼ってリストを公開してる所
を多々見るのですが、ページを見る限り、親切心(?)で他の人にも教えてあげようって気持ちみたいで、
罪にはならなくても違法行為の幇助してる事に気づいてないように思えます。違法ファイルへのリンクに
罪悪感がないのが心配ですね。特にリンク集は時間も手間も掛からないし英語ができなくても動画に
安易にたどり着けるので、日本からのアクセスに大きく貢献してるように思います。
>最終的にユーザーが自分の首を絞めてしまわなければいいなって思います。
すでに削除が増えてきたみたいですし、予想ではFIFAが韓国からのアクセスを全て遮断したみたいに
日本からのアクセス遮断も時間の問題かと...。
YouTube側も日本からのアクセスに困ってるようで、改善されないとなるとしかたないかと思います。
>動画をアップする方も、見るほうも著作権侵害っていう事をほとんど気にせずやってる
日本関連の動画について言えばちょと特殊で字幕付が多い事から、海外の人のアップが結構あると思います。
なんでも日本の会社も作品がある程度広まればと黙認して長い間共存してきたみたく、自国でライセンス
がない日本関連の動画は合法でないにしろ、グレイゾーンという感覚みたいです。ただ日本人の視聴者が
こうも多いいと黙認してきた会社もYouTubeに対策を迫って、削除せざるおえなくなってきたのかと思います。
今後、もし日本人がアップしてたら捕まるかもしれませんね。
とはいえ米国で著作権があるものまで無法状態なんで、YouTube側に取り締まる意思があるのかな

To: makotoさん

今度コメントいただけるときは、連絡先も書いていただけるとありがたいです。記入いただいたメールアドレスは存在しないものなので、ちょっと引いてます(苦笑)

なにはともあれ、コメントいただいたので返事をば。

まずブログなどでリンク集を作っている人たちですが、確かに幇助という感覚は無いでしょうね。日本のコンテンツホルダーからしたら、そういったページが無くなるだけでかなりの人がYouTubeへたどり着けなくなるはずなので、法律の隙間さえ埋められれば、これらのページの管理者に圧力をかける可能性もありますね。冗談ベースですが、これらのページは実はコンテンツホルダーがやっていて、一通り著作物の情報が集まったところで、その情報を元に一気に消しにかかっている、なんて陰謀論(?)も考えて見ました。まぁ、ありえない話ですが。

YouTubeが日本からのアクセスに困っている問題については、違法なコンテンツがアップロードされることもありますが、日本からのアクセスがYouTube側にとって何のメリットにもなっていない点が上げられます。今後はどうなるか分かりませんが、今のところYouTubeは広告と、タイアップ企画での収入に頼っていると思われます。日本からのユーザは、英語の広告をクリックするはずは無く、タイアップ企画のコンテンツも英語のものがほとんどのため閲覧することは無いでしょう。ですから、日本からのアクセスは帯域を食い、違法のものがほとんどで、収入にも繋がらない。しかも毎日のように日本のコンテンツホルダーから削除要請が来る。これでは日本のIPがbanされるのも時間の問題でしょう。

コンテンツのアップについてですが、YouTubeではないですがFFXIIの動画をアップして日本で訴えられた例がありますので、今後YouTubeでも同様の話は出てくると思います。YouTube側がコンテンツホルダーから情報提供を迫られたときにどこまで対応するかにもよりますが。

YouTubeには今のところ能動的に取り締まる気持ちは無いように見受けられます。これはNapsterのように本格的にたたかれるまではアングラとして行くつもりなのか、新しい収入モデルの構築まで待つつもりか、それとも何も考えていないのか。どちらにしても今後の動向には注意が必要ですね。


Who is uehatsu?

uehatsu

アーカイブ

タグクラウド

Facebook page