正直へこんだ(在日コミュニティは上野には理解できないらしい) - DirectX.tv Doppelheit

| コメント(2)

最近自分の関心事だった朝鮮半島に関連して、在日の方々について色々知りたい、理解したいと思ってmixiで在日関連のコミュに入っていたんですが、今日全部辞めました。

在日の方々は「私たちは日本人に理解してもらっていない」と言っていたので、なるべく理解しようと努め、その延長線上で靖国問題について怒っている在日の方に「どうして怒っているんですか?私には理由が分からない」と聞いたんですよ。でも、どうもそれって迷惑だったみたい。もちろん返答はなかったし、その質問をした相手以外の在日の方に「そういう質問にはうんざりする」と言われてしまい、もう正直凹みまくりですよ。

場をわきまえずに質問した自分も悪いんですが、良かれと思ってやっていたことが、相手にとって迷惑だったって気づくと、へこむじゃないですか、普通。

なんか今まで在日の人たちの出自や色々な事をネットで調べて、本を買いまくり読みまくり、「よく言われている在日特権は一般には存在しないよ」とか、「在日の人の犯罪率が極端に高いというのは数字のマジックだよ」とか擁護してきた自分が馬鹿みたいです。そんな事、彼らは全然望んでなかった。在日コミュニティを理解しようと、日本人が寄っていっても、耳の痛い質問を受ければ耳をふさぐ。それでいて「在日は理解されていない、差別されている」と言う。そんなんだったら、はじめから「理解して欲しい」なんて言わなければいい。

ああ、在日の方に文句を言いたいんじゃないんですよ。自分の愚かさに腹が立ってるだけ。

この数ヶ月自分がやっていた事は全て無駄でした。在日の方とは新しい出会いを求めない方向で人生を歩むつもりです。正直在日の方々の事、絶対に理解できないと確信した。「同じ日本に生まれたんだから、日本語しゃべれるんだから、理解できないことはない」なんて甘い事考えていた自分を呪います。

ひょっとすると、自分は近い将来「在日排斥運動」をしているかもしれない。それくらいショックでかい。

なんか本当に、どっと疲れたorz
ビール飲んで寝ます

コミュに書いた質問を一部引用
=====
ちなみに私の考えでは、A級戦犯は太平洋戦争およびその過程の愚挙に対して、「平和に対する罪」という事後法で裁かれた人々です。既に裁かれた内容ですし、多くの嫌韓論者が言うように「あれは事後法だから全て冤罪だ」とは言いませんし、思ってもいません。太平洋戦争は今の規範で考えれば、愚挙であり、敗戦国となった日本は誰かを悪と認定することで戦争責任を負うしかありませんでした。ですので、A級戦犯が存在する事自体、真摯に受け止めています。

中国国民は太平洋戦争およびその過程で日本軍との戦闘が行われました。実際に東京裁判においても中国侵略について審判が行われています。しかし、当時半島は既に日本の統治化であって、東京裁判およびA級戦犯とは関係がありません。
実際、日本敗戦後、GHQによって半島および台湾は勝戦国でも敗戦国でもない「第三国」と認定され、太平洋戦争による補償や、東京裁判による係争からははずされました。
ですから、中国がA級戦犯について何か発言するのと、半島がA級戦犯について何か発言するのと、次元が違うと考えています。
こういった考えの下で、半島の方が靖国参拝およびA級戦犯について色々と言うのが理解できません。

私は嫌韓側の人間ですので、荒らし煽りと解釈されるのであれば、返答をいただけなくても仕方がないことだと思っております。
ですが、「なぜ半島の方が靖国について意見するのか?」が分からないので、宜しければ意見をお聞きしたい次第です。
=====

 
カテゴリ

コメント(2)

う~ん、文面を読んだ限り、ueno君の正直さが裏目に出た気がします。「私は嫌韓側の人間ですので」「返答をいただけなくても仕方がないことだと思っております」と書いてしまったら返事が来ないのは
仕方ないと思います。

「無駄だった」というような極論に走らず、今一歩引いて
時間を置き、落ち着いてみることをすすめます。
きっと「理解しよう」と情熱をありったけ注いだのではないでしょうか?その分思わしくない結果に失望しているように見受けられます。

在日の方の直接の意見を聞かないとわかりませんが、
当時の半島の方は不本意ながら日本に統治され、
したくもない戦争に行かされたことに不満があるのではないでしょうか?補償もないのでなおさら怒りが増したと。
日本の統治に関しては彼らにとってよいこともしたと思いますが・・・。

To: はらしゅうさん

> う~ん、文面を読んだ限り、ueno君の正直さが裏目に出
> た気がします。「私は嫌韓側の人間ですので」「返答を
> いただけなくても仕方がないことだと思っております」
> と書いてしまったら返事が来ないのは仕方ないと思いま
> す。

ちょっと前後を書いていなかったのですが、返事が来なかったのは全然OKなんですよ。その後、1週間ほど放置したところで日本人の方からお前の言っている事はおかしい、というやりとりがあって「うんざりしている」と言われたという経緯があります。返事が来なかった事よりもうんざりしていると言われた事のほうがショックでしたね。結局、その方は日本の方だったようですが。

> 「無駄だった」というような極論に走らず、今一歩引いて
> 時間を置き、落ち着いてみることをすすめます。
> きっと「理解しよう」と情熱をありったけ注いだのでは
> ないでしょうか?その分思わしくない結果に失望してい
> るように見受けられます。

なんか突っ込んで考えていた分、萎える勢いもすごかったようです。次のエントリーにも書きましたが、しばらく休養してみます。

> 在日の方の直接の意見を聞かないとわかりませんが、
> 当時の半島の方は不本意ながら日本に統治され、
> したくもない戦争に行かされたことに不満があるのでは
> ないでしょうか?補償もないのでなおさら怒りが増した
> と。
> 日本の統治に関しては彼らにとってよいこともしたと思
> いますが・・・。

まずは在日の人の事を脇においておいて、半島の話をば。

半島はずっと日本のことを目下の国と思ってきた歴史があって、そんな日本に35年間占領された(日帝36年と言いますが、数えて見ると多く見積もっても35年だそうです)というのが許せない、というのがあるみたいです。未だに日本を自分たちより格下と思っているために、半島の人は日本の天皇の事を「日王」と言って蔑みます。格下である日本に皇帝がいるはずが無い、天皇などおこがましい、日本の王様程度だ、というのが彼らの論拠です。未だに韓国のテレビ番組などでは「天皇」と言わずに「日王」と言いますね。これは在日の方の中でも民族教育を強くされた人の場合、「日王」と呼ぶことがあるようです。

補償については戦争をしていない朝鮮半島について戦後の日本政府は国際法上補償金を払う理由があるはずも無く、文句を言ってくる韓国政府に対して仕方なく経済援助金を払っていますね。しかも北朝鮮の分も着服し、そのお金を使ってその後「漢江の奇跡」と呼ばれた経済復興を成し遂げました。元々韓国国民と北朝鮮国民に対して払われるべきお金を韓国政府がネコババしたわけです。そんなお金をもらったことを韓国政府は国民に黙っているから、国民は未だに「日本は補償しろ!!」となる。どうも最近、情報開示が進んだために韓国の一部の人も「あれなんか政府は日本から金をもらってたみたいだぞ」と気づき出したみたいですが、まだまだ一部の人しか知らず、思い込んだらどこまでもの国民性なので、改めて理解してもらうのは難しいというのが実情です。

貴族の事しか考えず農民を圧制し、民主化・近代化の芽をことごとくつぶしてきた閔妃について、韓国ではドラマなどで美化して伝えられたため、今では「国母」と称えられています。そんな国母を日本政府は暗殺してしまったのだから、それについても毎回文句を言われます。どうも閔妃暗殺を裏で手引きしたのは朝鮮貴族で、最終的に閔妃を連れ出し血祭りにあげたのは朝鮮農民だった、というのが韓国以外の歴史認識のようですが(ちなみに上野は閔妃暗殺は日本政府の愚挙だったと考えています)。
先日韓国で封切られた「韓半島」という映画。南北朝鮮統一を日本がはばみ、日本が朝鮮半島にしてきた悪行を色々と暴いていくという映画だそうですが、これが今韓国で大ヒット。映画制作側は「日本の悪行はフィクション」と言っているようですが、韓国の人々はフィクションではなく「ああ、なんて日本は悪い国なのだ」「日帝36年の後、我が祖国を南北に分断しておいて、いままた南北統一を阻もうとする悪の国日本」と思い込んでいるそうです(どれくらいの割合なのかは分かりません)
メディアや国によって伝えられた歴史観を本当の事と信じてしまう国民性と、反日教育による刷り込みにより、何かあるごとに日本は悪で韓国は正義というスタンスで抗議してくる。反日というベクトルで団結し、毎度毎度日本にいちゃもんをつける。そういう国民性が嫌いで僕は嫌韓になりました。

でも在日の方々に話を聞いて見ると、なんか半島の人と言っている事が違う。民団・総連も以前ほど力は無く、影響力も少なくなってきている。在日ゴロと呼べるような人は少なく、普通の日本に暮らす人として日常を過ごしている。

実際にmixiで知り合った在日の方と会って話す機会があったのですが、いたって普通の方でした。もちろん出自の違いや人間性の違いから、主義主張は違うんだけれど、話していて共感できる部分も多いし、こちらの意見もちゃんと耳を貸して聞いてくれる。こういうやり取りがもっとしたい、出来るに違いないと変に期待を持って、驕ってしまったから、今回の結果に落胆したんでしょうね。
そもそも「理解してやろう」なんて考えが驕ってるんであって、表面上は「勉強させてください」と言っていても、結局は「けっ、俺がお前たちの事を理解してやるぜ。ありがたく思えやゴルァ」とマジョリティの立場から見ていたんだと思います。そういうのって自分では気づきにくいけど、相手にする方は結構目に付くんですよね。

返す返すも反省しきりです。


Who is uehatsu?

uehatsu

アーカイブ

タグクラウド

Facebook page