Windows Live Writer β を使ってみる - DirectX.tv Doppelheit

US Microsoft がBlog Editor「Windows Live Writer」のベータ版をリリース。
公式ブログがWindows Live Space内に出来ています。ここからベータ版のダウンロードが出来ます。

Writer Zone
Windows Live Writer team blog

日本語も問題なく通るし、アカウント作成では自分のブログのURLを記入して、ログインIDとパスワードを入れるだけ。
対応しているブログソフトやブログサービスでは、何の問題もなく認識してくれます。ちなみにTypePad Japanも「TypePad」と自動認識。エンドポイントの設定など煩雑な作業無しに、すぐTypePad Japanでもエントリーが始められます。これは便利かも。

便利な機能が色々ついていますが、これはいいなと思ったのは、設定したブログのCSSを自動的にダウンロードしてきて、エントリーを書いている最中と、アップロード後の見た目の差を減らせる事。今までのブログエディタだと、アップロードするとCSSが当たって雰囲気が変わってしまう事があったけど、これなら大きな差は無い。これってHTMLやCSSの挙動を気にしないで済むから初心者にはうれしいかも。

画像のアップロードにも対応。自動的にサムネールを作って、しかもデフォルトではドロップシャドウ効果をつけてくれる。他にもモノクロやセピアトーンなどの変換やエンボスなどの効果も簡単に付与できる。こりゃ初心者の人にはもってこいのツールかもしれない。


画像アップロード例(デフォルトで設定)

あと、地図も簡単に挿入できる。


まぁ、MS Virtual Earthしかも英語版なので、日本の地図に使うのはまだきついけど(苦笑)

これからに期待のツールですね。

 
カテゴリ

Who is uehatsu?

uehatsu

アーカイブ

タグクラウド

Facebook page